疲れ目対策:暖かさが長持ちするアイマスク “あずきのチカラ 目もと用” を試してみた

10/3/2017

モニターの前に長時間座っていると、とにかく目が疲れます。以前は、小さなタオルを水で濡らしてからレンジでチンして、蒸しタオルを作って目に乗せたり、あるいは使い切りタイプの温まるアイマスクを買ってみたりもしていました。

しかし残念ながら蒸しタオルやアイマスクは冷えるまでの時間が短く、もうちょっとなんとかならんかと思っていました。そんな中、たまたまドラッグ・ストアで手に取った ”あずきのチカラ” がなかなか良かったのでご紹介します。

よくある使い捨てカイロのような作りなのですが、アイマスクのなかにあずきが入っています。蕎麦がらの枕をイメージして頂くと分かりやすいかもしれません。レンジでチンして、目の上に乗せるのですが、あずきが良い感じに重しになるので、バンドなどなしに乗せるだけでもしっかり固定されます。

なぜ「あずき」なんだと思うわけなんですが、説明によるとあずきが蒸気を出すとのことです。とくにホカホカ湯気がたったりはしませんが。ただ、確かに暖かさは長く続きます。そこら辺があずきの力なんでしょうか。ちょっと温度が落ち始めてからもしばらく粘る感じで、さらにあずきをアイマスクの上から動かして軽く混ぜてやると、熱が戻る気がします(※個人の感想です)。だいたい10分程度は目を温め続けることができます。

ぼくの場合は、横になって、レンジでチンしたアイマスクを目に乗せ、そのまましばらく瞑想の真似事をするようにしています。

パッケージには「くり返し使える」「使用回数250回」とあるので、かなり長く使えるのではないでしょうか。だいたい700円くらいで買ったので、コスパも悪くないと思います。

ひとつだけ気になったのは、温めると「あずき臭」がすることです。周りにいた家族が気づいた程でした。甘いあずきの匂いを嗅ぎながら頭を空っぽにしていると、お汁粉のことばかり浮かんできます。その点が問題なければ、とても良い目もとあたためグッズだと思います。

シェアする