Nuzzelを使っていち早くニュースをキャッチする「ハヤミミ」システムを作る

10/3/2017

英”EU離脱”国民投票についてのデータ・ジャーナリズム事例 」という記事を書いたのですが、多くの人に読まれているようです。津田メルマガで「世界のデータ・ジャーナリズム最前線」という連載を書いていたのですが、EU離脱の国民投票が盛り上がっていたのを受けて、自分のブログで復活させてみたものです。

「世界のデータ・ジャーナリズム最前線」は、世界中のメディアが公開した記事の中から、ここ数年話題になってきているデータ・ジャーナリズムの事例を探してきて紹介するというのがコンセプトでしたが、そのためにはまずデータ・ジャーナリズムの記事を見つけ出す必要がありました。

しかし、ありとあらゆる記事を全て目視でチェックすることはできないわけで、データ・ジャーナリズムの記事だけを教えてくれる「センサー」のようなものを構築する必要がありました。

この記事では、このように特定のジャンルに関する有益な記事のリンクを効率良く発見するために、SNS連携ニュース・サービスである「Nuzzel」を駆使してセンサー・システムを構築する方法をご紹介します。

Nuzzelってなに?


Nuzzelは、TwitterとFacebookで自分のフォローしているアカウントのツイートの中からリンクを抽出して、人気記事ランキングを作ってくれるサービスです。

それぞれ記事について、自分がフォローしているアカウントのコメントもチェックすることができます。お気に入りのアカウントだけで作ったはてブですね。

iPhoneのアプリも用意されていて、「3人以上が言及したらPush Notificationで連絡する」というような設定もできます。筆者は、毎朝起きるとNuzzelを開いて、言及数の多い記事をチェックするようにしています。

後述するように「Nuzzelを育てる」という意識で新規アカウントをフォローしていくことで、Nuzzelを見ておけばチェックするべき記事はたいていフォロー出来るようになりました。

参考:

http://www.danshihack.com/2015/03/23/junp/iphoneapp-nuzzle.html

後出しジャンケンのアカウントフォローでNuzzelを育てる

読むべき記事をNuzzelのみでカバーできるようにするには、自分のTwitter/Facebookでフォローするアカウントを意識的・戦略的に増やしていく必要があります。では、どうやってフォローするべきアカウントを探すのか?

正解は「後出しジャンケン」です。つまり、自分が見て「面白い」「役に立つ」と思う記事があったら、このURLをTwitter検索していち早くこの記事に言及しているアカウントをフォローするのです。

自分が面白いと思う記事を誰よりも早くツイートする人は、独自の記事発見ルートをもっていて、今後も同様の(自分にとって)有益な記事を、他の人より早くツイートする可能性が高いです。こうした人を地道にフォローしていくことで、Nuzzelのインプットを強化していくのです。

あとからURLに言及するアカウントは、どこかで記事が話題になったものに反応しているので、フォローの対象から除外します。

Twitterのリストを使ってジャンル分けを行う

「データ・ジャーナリズム記事だけ集めたい」というように、記事を特定のジャンルに絞って集めたいということも多いと思います。最近になってNuzzelはTwitterのリストをサポートするようになりました。フォローしたアカウントをリストで分類することで、それぞれのリストの中で人気の高い記事を抽出できます。

サンプルとして、ぼくのデータ・ジャーナリズム関連リストからの人気記事リンクを貼っておきます。

http://www.danshihack.com/2015/03/23/junp/iphoneapp-nuzzle.html

昨日公開した「英”EU離脱”国民投票についてのデータ・ジャーナリズム事例 」は、このリストともう一つの専用リストから”発見”したものがほとんどです。

将来の展望

Nuzzelのチェックする記事を自動でリスト・アップしてくれる機能は大変便利なのですが、この記事で書いているようにこのシステムが高い精度で仕事をするためには継続的なアカウントのフォローが必要です。この部分を自動化したい。

例えば、

  • Twitterで自分がツイートした記事
  • Nuzzelリストの一覧から、実際にクリックして読んだ記事

は「自分が興味を持った記事」です。このURLを検索して、後出しフォローを全自動で行うシステムを作れないかなあと思っています。

そのまま「ハヤミミ」という名前でシステムを作ってみたりはしてるのですが、なかなか開発に手が回らない状況で完成にはいたっていません。年内に出せるといいなと思います。


宣伝


「データ・ジャーナリズム」に興味を持った有志で、ヨーロッパのジャーナリストが書いた「Data Journalism Handbook」を翻訳するプロジェクトをやっています(成果物のスナップショットはこちら)。

興味を持った方は、ぜひFacebookグループに参加してみて下さい。現在は翻訳を完了し、レビューと文体の統一チェックなどを行っているフェーズですが、まだまだ人手がたりません。


宣伝2。データ・ジャーナリズムとは1ミリも関係ありませんが、スマホで遊べるRTS(リアルタイム・ストラテジー)ゲーム『カラクリ合戦伝』を開発中です。もうすぐリリースと言い始めてから、はや半年。ようやく「予約トップ10」で予約可能になりましたので、ぜひ予約してください。

http://www.danshihack.com/2015/03/23/junp/iphoneapp-nuzzle.html

シェアする