#衆院選2017 グラフで見る「そういえば、ネット選挙ってどうなってる?」

10/21/2017

各選挙区をタップすると、詳細なデータを表示します

衆議院選挙候補者の「ネット選挙」への対応度をマッピング

2013年に日本でもネット選挙が解禁になりましたが、今回の選挙では、あまり話題になっていない様子。当たり前になったということは喜ばしいことですが、候補者の対応状況は、いまどうなっているのでしょうか?

そこで、第48回衆議院選挙の候補者のネット対応を、地図グラフにしてみました。

「ホームページ」「Twitter」「Facebook」「YouTubeチャンネル」の有無を対象に、選挙区内の候補者がどの程度対応しているかの割合をスコアとしています。赤色の濃さが対応度を現します。

データ出展: Code for 選挙

シェアする